地球環境を守るための大切なエコ活動

エコに行える資源ごみとして、レンガがあります。レンガようの土を必要とせず、レンガを作ることができます。

エコとしては資源ごみとしてレンガを再利用

近代建築の象徴として、レンガ造りの建物を見ることがあります。大学であったり、公共的な建物に使われれることもあります。また、観光地などでは、レンガ造りの倉庫などが見学できることがあります。レンガといいますと、元々は赤茶色ですが、年月が経つにつれて黒ずんできます。歴史的な建物ではその黒ずみが良いのでしょうが、家庭において出てくるれんがなどは単に割れたものになります。これらはどのように捨てると良いかがあります。

レンガに関しては、元々土ですから、土に返せば問題ないです。ただし、レンガ造りに適した土によって作られています。自然に戻すのは良いのですが、それはレンガとして選ばれた土なのです。ですから、再利用することができれば、新たにレンガようの土を用意する必要がなくなります。エコになるのです。そこで資源ごみとしてレンガを回収している取り組みについて見てみます。ある業者においては、割れたレンガなどを回収されているようです。

集められたレンガは、まず粉々にされます。そして新しいレンガになるべく固められます。ただし、すべてが再利用できるわけではないようです。粉々にしたときに、砂状になったものが出てきます。これらに関しては、畑の土などとして再利用されることになります。元々自然のものなのですが、新たな命を吹き込むことが出来ます。赤いレンガだけでなく、公共の道路を歩きやすくするためにも用いられます。すべりにくくなるようです。

注目情報



Copyright(c) 2017 地球環境を守るための大切なエコ活動 All Rights Reserved.