地球環境を守るための大切なエコ活動

エコにおいて、資源ごみのダンボールを出すとき、出し方に注意します。ガムテープは取り除くようにします。

エコのための資源ごみでダンボールの出し方

引越しをしたときには、ダンボールが大量に出ることになります。基本的には、業者から購入することになります。そしてそれを処分することになります。このあたりは業者によって取り扱いが異なります。回収して再利用するところもあるようです。引越しなどは余りありませんが、ダンボールに触れることとしては年に何回かあるでしょう。家電製品を購入したり、野菜を箱ごと購入するとき、何か宅配で送ってもらうときなどになりそうです。

ダンボールに関しては、資源ごみとして知られています。上質ですから、業者としても欲しいようです。エコのためには、不要なものがあるのであれば、決められた方法で出すようにします。ダンボールに関しては、箱のふたがどのように留められているかがあります。家電製品の下の部分などは金具で止めていることがあります。このような時は、もちろん金具は取り外します。解体するときに自然に外れると思いますが、取り忘れないようにします。

金具以外にガムテープで留められていることがあります。薄いものですが、非常に丈夫です。ガムテープは紙状なので、そのままつけておいてもよいと思うかもしれませんが、こちらはきちんと外すようにします。ですから、出すときも注意です。何枚もあるとき、ガムテープでそれらを束ねることがあります。これは再利用するときに外す手間になってしまいます。何もしないか、取りやすいようなビニールタイプの紐などでくくるようにします。

注目情報



Copyright(c) 2017 地球環境を守るための大切なエコ活動 All Rights Reserved.